九段日本語学院 > 日本語教師実習コース

日本語教師実習コース

 

日本語教授基礎知識がある方に対して、実習などの実践をメインにブラッシュアップして頂くための講座です。

  • 日本語教師養成講座修了・受講しているが日本語教師として教壇に立つことがまだ不安。もう少し実習経験をしたい。
  • せっかく基礎知識を学んだのに、教える機会がなく忘れてしまいそう。再度実習経験を通して学びたい。
  • 日本語教師として働いているがまだまだ経験が足りない。他の日本語学校はどんな教授法で教えているのか知りたい。 

九段日本語学校でより実践的な実習を通して、自信を持って日本語教師としてデビューしましょう!

受講者の感想

日本語教師実習コース3つの特徴

会話授業の実習が可能

実際に九段で学ぶ多国籍の学習者を学生役とした実習クラスで、養成講座などではあまり経験することができない会話授業の実習経験をすることができます

少人数で細かいサポート

九段日本語学院の講師採用をしている専任講師が細かく実習をサポートいたしますので人数は4名までと限定致します

スカウト制度

スカウト制度により、当校の非常勤講師としてご活躍いただける機会も設けています

コースプラン

2017年1月より開講になります日本語教師実習冬コースですが 好評につき定員に達しましたのでお申込みを終了させて頂きました。 たくさんのお問合せありがとうございました。
春コースは2017年4月18日開講を予定しており、詳細は近日中にお知らせいたします。
ご興味のある方は是非お問合せください。

※受講者3名~4名の場合 / 2名の場合は4.8のクラスを行わないため8回になります。

日程 9:50~10:40(50分) 10:50~11:40(50分)
1/24(火) ・オリエンテーション
・教科書分析(当校会話コース使用テキスト)
場面シラバスで何をどう教えるのか。
・実際の会話コースの会話授業を見学する
1/26(木) ・見学後セッション (見学した授業のポイント、会話授業の特徴について解説) ・教案作成 実習に向けた教案作成。
1/31(火) ・マイクロティーチング①
受講生を学生役とし、教案の一部の模擬授業を行う。
・マイクロティーチング②
受講生を学生役とし、教案の一部の模擬授業を行う。
2/2(木) ・マイクロティーチング③
受講生を学生役とし、教案の一部の模擬授業を行う。
・マイクロティーチング④
受講生を学生役とし、教案の一部の模擬授業を行う。
2/7(火) ・実習① 
一人で50分の授業を担当。
授業の様子はビデオ撮影し、フィードバック。
・振り返り フィードバック
2/9(木) ・実習② 
一人で50分の授業を担当。
授業の様子はビデオ撮影し、フィードバック。
・振り返り フィードバック
2/14(火) ・実習③ 
一人で50分の授業を担当。
授業の様子はビデオ撮影し、フィードバック。
・振り返り フィードバック
2/16(木) ・実習④ 
一人で50分の授業を担当。
授業の様子はビデオ撮影し、フィードバック。
・振り返り フィードバック
2/21(火) ・いろいろな会話練習(初級)作成
実際に会話練習を作成する。
①場面・機能シラバス⇒会話練習
②文型シラバス⇒会話練習
・マイクロティーチング(会話練習)
作成した会話練習を学生役の受講生に 実施する。
2/23(木) ・クラス見学
実習を経たうえで再度授業見学を行い、 自分の授業案へのヒントを得る
・見学後セッション 
・総括
・修了式

*対象となるクラスは「初級向けの会話コース」のレッスンを担当して頂きます。

実習の様子

2017年1月より開講になります日本語教師実習冬コースですが 好評につき定員に達しましたのでお申込みを終了させて頂きました。 たくさんのお問合せありがとうございました。
春コースは2017年4月18日開講を予定しており、詳細は近日中にお知らせいたします。
ご興味のある方は是非お問合せください。

申し込み条件
①養成講座420時間修了の方、又は受講中(実習のみ未経験)の方
②日本語教育能力検定試験合格者の方
③大学で主専攻あるいは副専攻の日本語教育科目履修済みの方
日程
1月24日(火)~2月23日(木)  1日2コマ、全10回(受講者2名の場合は全8回)
時間
火曜・木曜 午前9:50~11:40
定員
4名(2名より開講)
料金
50,000円⇒1/13(金)までのお申込みの方5,000円OFF
受付期間
1/20(金)まで
お申し込み、お問い合わせは、Email y.kimura@kilc.co.jp 担当「木村」まで

このウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を了承なく複製、使用することを禁じます。

Copyright © 九段日本文化研究所 日本語学院(Kudan Japanese Language School) 2017 All Rights Reserved.

↑TOP