九段日本語学院 > 日本語教師実習コース受講者の感想

日本語教師実習コース受講者の感想

 

日本語教師実習コースとは?

教師経験が浅く、日々自分のやり方に不安がありましたが、今回の研修を受講させていただき、会話授業を作る際の基本が理解でき、自分の自信になりましたので、とても有意義な時間でした。特に良かった点は少人数制というところです。コース中は講師の先生にもなんでも質問することができましたし、受講生の方とも気兼ねなく意見交換できました。実習でもいつもやっていないことに挑戦し、学生役の留学生の皆さんからその反応がみれたので、とても勉強になりました。また、何度かある課題にも細かくアドバイスして頂けたので、自分の考えの幅を広げることができました。

現役日本語教師

少人数制で毎回きめ細かいフィードバックを頂けたお陰で、短い期間でしたが学ぶことが非常に多い講座でした。教室での会話授業の流れや導入、学習者とのインタラクションなど、先生から様々な理論に基づいた実践方法などを噛み砕いて教えて頂けたので、なぜこうしたほうが良いのかという説明が大変分かりやすく、まさに「目から鱗が落ちる」様な感覚でした。
例文や場面の作り方なども色々なアイデアを頂け、すぐに授業に反映出来そうなものばかりでした。また、これまで自分が考えていた「会話」についても、根本的に考え直さなければならないことを実感しました。自分の実習前と後に実際の会話の授業を2度見学させて頂けたのも、様々な気づきを得られる非常に貴重な機会だったと思います。この講座で良い仲間にも恵まれ、楽しく充実した時間を過ごすことが出来、本当に受講して良かったと感じています。一ヶ月間、お世話になり有難うございました。

クラスレッスン未経験者

私自身、日本語教師の経験が全くなく、最後に日本語教育について触れてからだいぶ時間が経過していたため、コースを受講する前は少し不安でした。
しかし、インタラクティブな授業の進め方や、私たちは普段どのような場面でその文型を使うのか、学生がその文型を使うのはどういった場面かなど、大学の資格課程で学習した方法とは全く違う内容を学ぶことができました。最初に書いた教案の内容はボロボロでしたが、担当の先生がご丁寧なアドバイスを下さり、なんとか授業を行うことができました。授業では、予想外の質問を受け、それに対してうまく説明することができなかったこともあり、こういった形の授業の難しさも感じました。
日本語学校での授業を見学させていただくのも、他の受講生の方の授業を見学させていただくのも、自分が授業をするのも初めてだったので、どういう風に授業を進めたら良いのか、学生はどんな反応するのかなど、多くのことを学ぶことができました。
自分が授業を行う前に他の方の授業を見学させていただくのと、その後で見学させていただくことで、目線も得るものも違ってきて、非常に勉強になりました。また、教案を書く上で大事なことや、授業を行う上で大事なことを教えて頂いたり、実習が終わった後の振り返りでどんな部分が良かったか、こういった部分をもっとこうした方が良い等、担当の先生が他の受講生の方々にご丁寧に、また楽しく教えていただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです。特に、私たちがどんな場面でどういった言い回しでその文型を使っているか、学生の方々の目線や生活だとどういう場面で使うか等に関して、先生からアイデアやアドバイスをたくさん下さり、「私もこんな風にリアルで自然な場面を思いつくことができたらな」と思いました。
初めて学ぶことが多く、教案を作って授業を行う際は難しいと感じることも多々ありましたが、先生がコースをご丁寧に進めてくださったので、全体的に楽しみながら学ぶことができ、とても勉強になりました。ありがとうございました。

大学養成課程修了者

このウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を了承なく複製、使用することを禁じます。

Copyright © 九段日本文化研究所 日本語学院(Kudan Japanese Language School) 2017 All Rights Reserved.

↑TOP