九段日本語学院 > 日本での滞在について > 学生とホストファミリーの声

学生とホストファミリーの声

 

学生の声(動画)

 

学生の声

Karl (Sweden)
カール さん(スウェーデン)

たくさんおいしいい食べ物を食べたりおりがみをしたり、お父さんとサッカーゲームを見に行ったりしました。 家族はとても親切な家族です。しゅうまつは、ほんとうに楽しかったです。


Ryan (U.S.A)

ライアン 君(アメリカ)

私は、日本にいたとき、とてもたのしかった。ホストファミリーは、とてもしんせつだし、よくたすけてくれたし、 とてもたのしかった。わたしは、日本にまた来たいです。私の日本のせいかつが、ほんとうにおもしろくて、たのしかったです。


Frech (Thailand)

フレチュ さん(タイ)

ホストファミリーは親切でした。お母さんは、まいにちおいしい料理をつくってくださいました。おかあさんは料理が上手です。 こどもはかわいいです。まいにち、よく遊んでいました。たのしかったです。ホストファミリーはいろいろなところにつれていってくれました。 私は幸せです。ほんとうにありがとうございます。

ホストファミリーの声

Saitama city S Family

さいたま市在住 S様

ホストファミリーになったきっかけは、来日する学生さんたちのお手伝いができればと思ったことです。今回受け入れをしたイタリア人学生は明るくて良い青年でした。息子とも仲良くしてくれ、コミックやCDの話をしたり、ラーメン屋めぐりをしていました。でもスーパー銭湯は恥ずかしがって行きませんでした。 帰国する際には、息子にローマに来るように誘ってくれました。いつかまたイタリアで再会できたらいいなと思います。


Tokyo N Family

東京都在住 N様

学生を受け入れる時の心構えは特別扱いするのではなく、自然体で「自分の兄弟・姉妹・子供?」が 我が家に家族の一員として遊びに来てくれた、と思って接する事です。これが一番大切な事だと思います。 またホストファミリーとして留学生の異文化を受け入れ、お互いの考えを尊重し合いながら楽しく国際交流しています。様々な国の旬の話題や流行を自宅で直接感じる事ができるのは大きな魅力だと思います。 今年の夏休みには韓国を旅行し、受入れをした学生にガイドをしてもらいました。


東京都在住 I 様

ホストファミリーになったきっかけは、「日本へ来て勉強したいと考えている方のお役に立てれば」と思った事です。これまで香港、台湾、フランスの方を受け入れました。 学生と接することで、改めて日本文化を見つめ直す機会を得たように思います。 普段の生活ではすっかり忘れてしまっている日本の慣習など大切にしたいと思いました。


Ichikawa city K Family

市川市在住 K様

定年退職を機に時間にゆとりを持てるようになり、今年よりホストファミリーになりました。 台湾、スイス、オーストラリアの方をこれまで受け入れました。 先日、最初に受入れをした台湾人学生の結婚式に招待され、台湾を訪れ大変な歓迎を受けました。 帰国後もメールで連絡をくれ、交流を続けられるのはとても嬉しいことです。

このウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を了承なく複製、使用することを禁じます。

Copyright © 九段日本文化研究所 日本語学院(Kudan Japanese Language School) 2017 All Rights Reserved.

↑TOP