Interview with Kudan graduate. 採訪九段畢業 Rui (China)

Category:After graduation, Contribution, Getting a job, Information


Rui (China)

自己紹介 Self-introduction
我叫董芮,出生于昭和末期,白羊座。高中为止我都一直生活在中国武汉,19岁的时候离开家乡独自前往澳大利亚的墨尔本留学,大学毕业后获得永久居住权,至今为止都一直生活在墨尔本。爱好除了喝酒以外喜欢语言学习,烹饪,卡拉OK,游戏和聊天。顺便一提,最喜欢的季节是秋天。

My name is Rui Dong, born in the late Showa era, Aries. I have been living in Wuhan, China until the graduation of high school. When I was 19, I left my hometown and went to Melbourne, Australia for study. After I graduated from university, I have obtained permanent residency and have been living in Melbourne until now. Put drinking aside, my hobbies are language study, cooking, Karaoke, games and chatting. By the way, the favourite season is autumn.

私はドン・ルイと申します、昭和末期に生まれまして、 牡羊座です。 高校卒業まで中国の武漢に住んでいました。19歳の時、故郷を去ってオーストラリアのメルボルンに留学してきました。大学卒業してから永住権を取得し、今メルボルン在住です。 飲酒に加えて、語学学習、料理、カラオケ、ゲーム、チャットが好きです。 ちなみに、一番好きな季節は秋です。

(手料理)

就職までの日本語経歴 Japanese study history

(メルボルンのクリスマス)

2016年底的时候我和朋友一起报名参加了墨尔本的一家日语学校,开始了每周六早上一个半小时的日语学习。在那之前我的日语水平只是能勉强背诵出五十音表的程度。在其间的两年内我按照自己的接受能力调整学习进度,在学校里从一开始的大班到一对一的小班,到最后老师跟我说“我们已经没办法教得更快了”,于是我就退学在家自己学习,每天利用业余时间自学三个小时左右。到此为止我都只是在单方面地通过读和听的输入方式自己学习,一直到入学了九段日本语学校之后才开始训练说和写。一年三个月的九段学习结束后我的日语学习也算正式结束了。所以前后算下来,一年在墨尔本学习,半年自学,最后一年半在日本学习。

At the end of 2016, I signed up with a friend to attend Japanese study at a language school in Melbourne every Saturday morning for one and a half hours. Before that, my Japanese level was only able to repeat the 50 Japanese syllabaries. During those 2 years, I have been adjusting my study progress according to my ability. From the beginning of the big class to the 1 on 1 private class in the school, and at the end the teacher told me that “we are not able to teach you more faster than now”, so I dropped out of that school and studied on my own at spare time, 3 hours a day, unilaterally through input method like reading and listening, until I entered the Kudan Japanese language school. By the end of the Kudan study in 1 year and 3 months, my Japanese study has completely finished. So overall it is 1 year in Melbourne, 0.5 on my own, and 1.5 in Japan.

2016年の年末、友人と一緒にメルボルンにある日本語学校に通い、毎週土曜日午前中1時間半の授業を受け始めました。 日本語のレベルは五十音さえ暗唱し難いくらいでした。 2年間、能力に応じてレベルアップしていきました。クラスレッスンからプライベートレッスンまで経験しましたが、先生はついに「授業の進捗はもうこれ以上速く出来ないです」と私に言いました。そこで私は、自宅で独学し、空き時間を使って1日約3時間勉強していました。 それまでは読み書き等インプットのみのやり方で学んでいて、九段日本語学校に入学してから会話と作文のアウトプットも勉強し始めました。1年3か月で九段での留学生活を終えた後、私の日本語の勉強も正式に終了しました。 過去3年を数え、メルボルンで1年勉強し、半年独学し、最後の1年半は日本で勉強しました。
(メルボルン日本人祭り)

私の夢 My dream・日本に来た理由 Reasons to come to Japan
我在高中的时候学习成绩很差,不是脑子不好,就是不爱学习。爸妈很担心我考不上理想的大学,于是问我今后有什么打算,我说我想去日本留学。我其实是一个很没有想法的人,那是我人生中第一次有这么强烈的意愿想要去做一件事情。但是最终因为各种原因没能如愿前往日本,取而代之的是澳大利亚的生活。十多年间我心中一直都抱有这个遗憾,一直到2017年的某个周六的早上,我和朋友在前往日语学校的路上,等待红绿灯的时候,朋友不经意地问我“如果你这么喜欢日本的话,现在你有能力了,为什么不去去看呢?”。于是绿灯亮起后当我踏出第一步的瞬间就做出了决定,那天课程结束后我就向学校索要了赴日留学的相关资料,回去后父母征求意见,最后向公司递交辞呈。一年后成功开始了日本的留学生活。虽说当初那个能长期生活在日本的梦想已经遥不可及,但是能以这种形式看到梦想的轮廓,对于现在的我来说已经是莫大的欣慰了。
至于我喜欢日本的理由,我觉得就像喜欢一个人一样,并不是因为她的眼睛大,声音甜这种具体的特点,而是因为这个人体现出来的整体的感觉而喜欢上的。如果可以的话,我还真的希望和变成人类的日本交往着试试看。

So when I was in high school, my grades were really poor, not that I am a nut, but only because I didn’t love studying. My parents had worried that I can’t get into a good university in China, so they asked me if I have any plans in the future. I said that I wanted to go study in Japan. I am actually a very uninspired person, and that has been the first time in my life that I have such a strong desire to do something. But in the end, for various reasons I had not gone to Japan as I wished, and it had been instead by life in Australia. I have always had this regret for more than 10 years. Until one Saturday morning in 2017, my friend and I were on the way to the Japanese language school, and we were waiting for the traffic lights. My friend casually asked me “Since you have the ability now, why not go and have a look?” So when the green light was on, I made my decision at the moment when I took the first step. After the course on that day, I asked the school for all the relevant information about studying in Japan. Following by that, I asked my parents for advice and submitted my resignation to the company. After a year, I successfully started studying in Kudan School. Although the dream of living in Japan was far out of reach, but it is already very gratifying to see the shape of the dream in this way.
As for the reason why I like Japan, it’s similar as if I were into a person, it must not because of her shiny eyes or sweet voice, but because of the overall feeling that this person reflects. But if one day Japan has turned into a human, I would like to date with her.

私がまだ高校生の頃、学校の成績は悪かったです。それは愚かではなく、ただ学習が好きではなかったためです。
両親は私が良い大学に入学できないことを心配しているので、「将来の計画はないか?」と尋ね、「日本に留学したい」と私が言いました。
自分は刺激を受けていない人で、人生で初めて何かをしたいという強い欲求がありました。
しかし、最終的には様々な理由で、希望どおりに日本に行くことができず、オーストラリアでの生活に置き換えました。 2017年のある土曜日の朝のことです。友人と日本語学校に行く途中で信号を待っていましたが、友人に「日本がそんなに好きなら、特にお金の制約もないし、留学をしてみない?」と気軽に尋ねました。
緑色のライトが点灯していた時、私は最初の一歩を踏み出した瞬間に決定を下しました。授業の後、学校に日本留学の関連情報を尋ねました。うちに帰ったら、両親に助言を求めて、辞職を会社に提出しました。 1年後、日本での留学生活を始めました。日本に住むという夢は手の届かないところにありましたが、夢の輪郭が見えるようになったにはもう満足しています。
私が日本が好きな理由といえば、女性に例えるなら、目が綺麗とか声が甘いからという具体的なものではなく、彼女の雰囲気が好きというのと同じような感じです。もし日本が人間だとしてら是非デートしたいと思うのです。
(メルボルン日本人祭り)

九段日本語学院の勉強は? About Study in Kudan Japanese Institute?
在九段的这段生活,说是我人生中目前最开心和最有价值的一段生活也不为过。尤其是对于像我这样能从职场回到教室的人来说更是能体会到其中的难能可贵。不管是从珍惜时间还是珍惜友情来说,我都以这个年龄段的身份在努力。这一年半里我每天一半时间在一家位于品川的网络商务公司任职,下班后就赶去学校学习,课后的时间也最大化地利用到了学习和社交之中。所以日本生活结束之时我的学习和友情两边都是丰收的状态。唯一遗憾的就是,九段没能设立更高阶的商务等级课程,不然我就能在日本多停留三个月了。

About the life in Kudan School, it is not an exaggeration to say that it has been the most happy and valuable time in my life so far. And it is even more commendable especially for people like me who can return to school from their work life. Whether it is to cherishing time or cherishing friendship, I was working hard on it. During the past year and a half, I worked at a network business company in Tokyo in every first half of a day, and rushing to the school after work. Even the time after class was maximized for learning and socializing. So at the end of my life in Japan, my study and friendship are in a state of good harvest. The only regret is that Kudan School could not set up a higher-level business grade course, otherwise I could stay in Japan for 3 more months.

九段学校の生活において、私の人生で最も幸せで価値のある期間と言っても過言ではありません。
特に社会から教室に戻る私のような人々にとっては、それはさらに貴重となります。 時間を大切にするであろうと、友情を大切にするときであろうと、私はこの年齢層で一生懸命頑張っています。 過去1年半の間、品川のネットワーク事業会社で1日の半分の時間働いていまして、仕事の後、学校に急いで勉強し、授業後の時間も最大限に活用して学習と社交にしていました。 ですから、日本での生活の終わりに、私の勉強と友情は収穫の多い状態になりました。 唯一の残念では、九段学校がより高いレベルのビジネスグレードコースを設立できなかったことです。さもなければ、さらに3か月日本に滞在することができました。
(九段日本語学院でのスピーチコンテスト)

今はどんな仕事をしていますか?What is your job? What would you feel like your job?
说到职业,我的生涯跨度很大,我曾经是专业西餐料理师,也当过阿联酋航空公司的地面乘务员,最后才转行到和大学专业相关的银行业,一直到去日本之前都是汇丰银行的个人业务咨询师。从日本回到澳洲后,无意间在网上看到了三菱UFJ银行的墨尔本分社正在招募的信息,抱着掌握三种语言的技能和之前银行业的经验顺利入职,目前是以分析师的身份在工作着,目标是有朝一日能被外派回东京本社工作。

Talking about careers, my occupation spans a lot. I used to be a qualified western food chef and turned into a ground crew member of Emirates Airlines, then finally switched to the banking industry which related to my university major. I had been working at HSBC Bank as a personal banking consultant for 5 years until I went to Japan. After returning to Australia from Japan, I unexpectedly saw the recruiting of Mitsubishi UFJ Bank’s Melbourne branch on the website, with trilingual capability and previous banking experience I successfully joint the group and currently working as an analyst. My current goal is to be able to be sent back to their main branch in Tokyo.

キャリアに関して言えば、自分のキャリアは非常に広いです。曾てプロの西洋料理シェフでしたが、エミレーツ航空の地上クルーメンバーとしても働いていました。それから日本に行くまでついに大学で受けた専攻に関連する銀行業界に切り替えまして、HSBC銀行の個人向けコンサルタントに転職しました。 そして日本からオーストラリアに戻ってきた後、偶然にインターネットで三菱UFJのメルボルン支社が募集している情報を見つけて、三か国語のスキルと以前の銀行経験を持ち、採用されまして、アナリストを務めています。 目標は東京本社に転勤されることとなります。

日本留学を考えているみなさんへ For everyone thinking to study abroad in Japan.
基于在日本正式企业工作过一年的经验,我自己的感受是,一切都很苛刻,一切都很规矩,一切都很有条理。我能很明显地看到日本和澳大利亚职场文化的差别,这种差别可能是很多人难以接受的。但是如果你本身就是一个遵守规则的人,说不定会很能适应这种氛围。并且如果你是个脑子很灵活的人的话,很有可能在公司里脱颖而出。以上只是我的个人经验,但是凡事不切实去做就无法感同身受。退一万步来说,实在不行就来澳大利亚吧。(笑)

Based on the 1 year working experience of company in Japan, my own feeling is that everything is well disciplined, ruled and organized. I can clearly see the difference of the workplace culture between Japan and Australia. This difference may be uncomfortable to many people. But if you are a person who can strictly follow the rules, you may be able to adapt to this atmosphere. Furthermore, if you are a smart person with capability, it is very likely to stand out in the company. The above is just my personal experience, ‘If you don’t do, you don’t know’. And if you still cannot make it, come to Australia please. LOL

日本にある企業での1年の経験に基づいて自分の感想では、すべては非常に要求が厳しくて、規則的で、組織化されているということです。日本とオーストラリアの職場文化の違いをはっきりと見ることができますが、この違いは多くの人には受け入れられないかもしれません。しかし、もしよく規則に従う人であれば、この雰囲気に適応できるかもしれません。さらに、有能な人であれば、きっと会社で際立っていると思います。上記は私の個人的な経験ですので、何もしないと同じことを感じるのはできないでしょう。万が一失敗しましたら、是非オーストラリアに来てください。 (笑)

Pocket

Currently accepting Student Visa applications for July 2020.
即日起接受2020年07月留學簽證申請。

タグ: , ,

2019年11月7日 木曜日 3:33 PM Category: After graduation, Contribution, Getting a job, Information.