オンライン日本語教師養成コース <受講生の声>

Category:Information


こんにちは!九段日本語学院です。

当校には、「オンライン授業にも対応可能な日本語教師を養成するコース」があります。

現職の方で対面は得意だけど、オンラインは、と言う方・これから日本語教師を目指されている方・ボランティアで日本語を教えている方など全国各地からご受講頂いています!

遠く離れた場所からでも受講できる!オンラインコースの良いところですね★

さて、本日は2名の受講生の方からのお声をご紹介します!

 

大阪府からの受講生様

先生とのレッスンでは、文字通りプライベートレッスンで大変得るものが多くありました。この時期、私がしたい、知りたい内容を教えていただきましたので、

このようなレッスンは心強く思います。

 

岡山県からの受講生様

毎回楽しい授業をありがとうございます。

 

“Zoomでできること” “パワーポイントでできること”を学ぶことで、できることがこんなにもいろいろ増えるとは、ただただ凄いなぁと、毎回ワクワクしております。

 

日本語をベトナム女子と一緒に学ぶボランティアを始めて4ヶ月。貴校でオンライン授業の方法を学ぶまでは、メッセンジャーで、パソコンの画面に携帯を向けて授業を行なっていました。学習者の表情も見えず私の表情も相手に伝えることができない状況でした。時に「先生、ちょっと見えない」と言われ、携帯を右へ左へ動かし「見える?大丈夫?」と確認しながらの授業を行なっていました。それが今ではなんと!zoomで!みんなの表情を見ながら授業を行うことができています。表情が見えると見えないとでは、大違いです。表情を見ながら進めることがどんなに大切なことか。表情もコミュニケーションのひとつだと実感しております。

 

それだけでなく、時短の作業方法を学んだことで、準備が楽になりました。それまでは自らの手で絵を動かして動作を説明していたことが、アニメーションを使うことで簡単になりました。また何枚ものシートを作って説明していたことが、一つのオブジェクトに複数のアニメーション効果を適用することで、作業効率がUPしました。私は仕事を終えて家で教材を手作りしていますが、眠気に負けてしまうことをたびたびあります。時短作業を学び、以前に比べて体力的にもかなり楽になりました。

そして何より、動画、音声を取り入れたり、マスキングテープを使ったりと、いろいろな方法を学ぶことで、学習者を飽きさせない教材作りを知ったことも、これからのことを考えるとワクワクしています。私は、ボランティアゆえの特権で、学校とは違い学習者のその時のペースで授業を進めることができます。私がいつも心がけていることは、”学習者に日本語を学ぶことが楽しいと思ってもらえる授業をする”ということ。いろいろな方法を学ぶことで、やはりこれからの未来にワクワクが止まりません。

 

8回の授業で、できることのどれだけを学べたのか、まだまだ学ぶことがあるのかわかりませんが、楽しかったです。

これからは日本にいてもオンラインで世界と繋がることができる時代。日本のどこにいてもオンラインで繋がることができる時代。そう感じています。理想は対面ですが、コロナ感染拡大という大きな壁があり、なかなか思うようにいかない世の中。オンライン授業のやり方講座の延長に、世界と繋がる方法を学べる機会があれば、その時はぜひ学びたいと思っています。

 

ありがとうございます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問い合わせはこちらまで!!

Currently accepting Student Visa applications for January 2023.
即日起接受2023年01月留學簽證申請。

2022年3月30日 水曜日 2:55 PM Category: Information.