神保町スイーツ紹介(2)かき氷Kakigori 編

Category:Diary, food, Information, Japanese Culture, Tourism


前回の神保町スイーツ紹介(1)から10カ月も経っていました。スイーツ情報大好きな皆さん、すみません。

もう夏も終わり、だんだん涼しくなってきた今日この頃ですが、知る人ぞ知る「かき氷」のお店を紹介したいと思います。

神保町薬酒BAR志膳(じんぼうちょう やくしゅばー しぜん) です。

学校から10分ほどのところです。神保町のマクドナルドやうどんの丸香の近くですね。神保町駅から靖国通りを歩くとお店がやってる日は看板があるかも。

この道に看板がなくてもオープンしているときはあるかもしれないので、お店の前まで行ってみましょう。

この道をまっすぐ進みます。

奥を見るとかき氷の旗!!

もともと薬酒BARなので薬膳酒がたくさん並んでいます。カウンター席と、半分外のテーブル席があります。

地図 ↓

 

涼しくなったのになぜかき氷なのか!?

こちらの店主の方が今年は冬も頑張る!とおっしゃっていたので、冬のメニューも楽しみにしているんです。

そして、みんなにもおいしいかき氷を食べてもらいたいなと思って紹介します。

とりあえず、かき氷を紹介しますね。商品名間違えてるかも。間違えてたらマスターごめんなさい!

あと、フルーツはシーズンごとに旬があるので、もう写真のかき氷は食べられない可能性があります。食べられなかったら、来年の夏食べてね!

 

<すももミルク> 甘酸っぱさが本当においしい。すもも・プラム大好きなので本当おいしかった。すもものおいしい時期だけ!

甘さ★★★ すっぱさ★★☆ 満腹度★★☆ 満足度★★★★★

 

<メロンクリーム> 2種類のメロンがたくさん入っていて、生クリームもトッピング。食べ応えもあって、本当においしかった。果肉が多いのでお腹の膨れ具合結構あります。

甘さ★★★ すっぱさ☆☆☆ 満腹度★★★ 満足度★★★★★

 

<ゴルゴンゾーラいちじくソース> 見えますか!?この輝き!そうです。ハチミツです。中にもソースは入ってますが、追いいちじくソースにゴルゴンゾーラソース。

ゴルゴンゾーラといちじくが好きな方には本当におすすめです。私これ、去年も今年も食べました。意外な組み合わせがおいしい!

甘さ★★★ すっぱさ☆☆☆ 満腹度★★☆ 満足度★★★★★

 

<桃とアールグレイ紅茶マスカルクリーム> こちらも桃がゴロゴロ入っていて、クリームにもよく合います。氷の部分がアールグレイの味なので、

クリームでくどくならずに最後までさっぱり、おいしく頂けます。

甘さ★★★ すっぱさ☆☆☆ 満腹度★★☆ 満足度★★★★★

 

<キャラメルパンプキンミルク>もうがっつり、かぼちゃのサラダのようなかぼちゃが乗っかっているかき氷。中もケーキみたいに層になっていて、焦がし練乳がとてもいい

アクセントになっていました。最後かき氷がとけて、かぼちゃの残りと合わさって冷製パンプキンスープになりました笑。こちら今まで食べたかき氷の中で一番食事感!

お腹いっぱいになるので、お腹に余裕があるときに食べることをお勧めします。秋の味覚ですね~。

甘さ★★★ すっぱさ☆☆☆ 満腹度★★★ 満足度★★★★★

こちら志膳さんのTwitterアカウントです。お店が営業しているか、何時からオープンかTwitterを見るといいかなあと思います。

https://twitter.com/shizen_kakigori?lang=ja

オープンは割と15時や16時くらいが多いのですが、店主の方がご実家のうなぎさんでも働かれているので、うなぎのランチ後にオープンされてます。

うなぎ屋はこちら 「うなぎのかねいち」

神保町でうなぎを食べたい!と思ったら「かねいち」さんい行くと良いですよ。

かき氷屋の店主の方はとても気さくなので、おしゃべりもぜひ楽しんでみてください!

 

 

◎神保町スイーツ紹介(1)をご覧になりたい方はこちら   

https://www.kudan-japanese-school.com/blog/jimbochosweets.php

◎かき氷について以前UPしたものはこちら 「天然氷」と屋台のかき氷の違いについて、英語でも書いているので、読んでみてください。

https://www.kudan-japanese-school.com/blog/kakigori.php

Currently accepting Student Visa applications for April 2022.
即日起接受2022年04月留學簽證申請。

タグ: , , , ,

2021年9月28日 火曜日 6:10 PM Category: Diary, food, Information, Japanese Culture, Tourism.